ヘモグロビンa1cを下げて病気を予防しよう|健康な体を作る方法

笑顔の女の人

指標として役立つ検査値

血液

糖尿病かどうかを判断するのに役立つのがヘモグロビンa1cであり、平均的な血糖値の高さが反映されます。血糖値で生じてしまいやすい日による違いの影響や食後の高血糖も考慮して判断できるという特徴があるのがこの検査値です。

View Detail

糖尿病予防に必要なこと

体内

生活習慣病の1つである糖尿病は、一般的に空腹時血糖で診断されることが多いですが、ヘモグロビンa1cという値でも診断しています。ヘモグロビンa1cは1〜2か月の平均血糖を示す値で6.2%未満が正常値です。早期にヘモグロビンa1cを知り、生活習慣を見直すことで糖尿病予防に早く取り組むことができます。

View Detail

密接な関係にある睡眠

背伸びするレディー

睡眠時間に注意しよう

糖尿病であるかの基準の1つが、ヘモグロビンa1cです。ヘモグロビンa1cが6.5以上の場合には糖尿病の可能性が非常に高く、早期に治療をする必要があります。食事や運動など生活習慣を見直すことが、糖尿病を改善するために必要です。しかし、もう1つ重要な生活習慣があります。それは睡眠です。睡眠とヘモグロビンa1cは密接な関係があり、特に女性の場合には注意する必要があります。ある実験結果では、睡眠時間が6時間未満の方と8時間以上の方が糖尿病になるリスクが高いと発表されています。睡眠時間が短くても長くてもヘモグロビンa1cが高くなる傾向があり、糖尿病リスクが急激に上昇するのです。それに対し、睡眠時間が6〜8時間の方は、ヘモグロビンa1cが低いことが実証されています。

睡眠前の食事にも注意

睡眠中には、人の体内では成長ホルモンが大量に分泌されています。この成長ホルモンは、健康を維持するために重要な役目を果たしています。特に代謝を高める効果が強く、余分な脂質や糖質が体内に蓄積しない体にしてくれます。睡眠時間が短くても長くても成長ホルモンが十分に分泌されないため、睡眠時間とヘモグロビンa1cは密接に関係しているのです。また、睡眠前の食事もヘモグロビンa1cに大きな影響を与えます。夕食に炭水化物を大量に摂取するとインスリン分泌が過剰になり、ヘモグロビンa1cが上昇することが分かっています。野菜中心の夕食にすることで、睡眠中のインスリン分泌を抑制することができます。糖尿病とならないためには、何より毎日の睡眠を大事にすることが重要です。睡眠は他の健康にも大きな影響を与えるため、質の良い睡眠を取るようにしましょう。

血糖値の高さと合併症

サプリ

糖尿病において血糖値が上がらないようにして合併症の予防をすることは大切です。そのときに役立つのがヘモグロビンa1cの値であり、低GI食品を使えば必ず下がります。今後の食事療法のトレンドとなっていくでしょう。

View Detail