ヘモグロビンa1cを下げて病気を予防しよう|健康な体を作る方法

ランニングするウーマン

血糖値の高さと合併症

サプリ

合併症の対策

糖尿病になってしまうと合併症について知らされて恐ろしい思いをする人も大勢います。血糖値が高い状態がながければ長いほど、その高さが高いほど合併症のリスクは高まるとされています。特に注意すべきなのが食事をした後の血糖値の高さです。血液検査のときには絶食をして血糖値を測ることが多いため、正常に近い値であったとしても食後に著しく血糖値が上がってしまうのは合併症のリスクを高めることになってしまうので注意を払わなければなりません。血液検査のときには血糖値の代わりにヘモグロビンa1cを見ることが大切です。ヘモグロビンa1cは食後も含めた平均的な血糖値の高さの指標となるからです。ヘモグロビンa1cの低下に役立つ食品として低GI食品を利用していくと良いでしょう。

低GI食品のトレンド

低GI食品はすぐにブドウ糖にならないことから一度に血糖値を上げてしまうリスクが低い食品です。ヘモグロビンa1cを指標にして糖尿病対策をしていく上では大きな貢献をする食品であり、高GI食品を低GI食品に切り替えていくことで簡単にヘモグロビンa1cを下げることができます。低GI食品は徐々に注目されるようになってきていますが、今後の糖尿病治療における食事療法のトレンドになっていくことは間違いないでしょう。試してみてヘモグロビンa1cが下がらないということはまずない方法だからであり、患者がしっかりと取り組めばこれだけで治療薬を使用しなくても糖尿病対策を行っていくことが可能だからです。医療費の高騰が問題になっているからこそのトレンドとなるはずです。