ヘモグロビンa1cを下げて病気を予防しよう|健康な体を作る方法

ランニングするウーマン

指標として役立つ検査値

血液

血液検査と血糖値

血液検査を行う際には基本的には絶食時の血糖値を測ることになり、それが非常に高い値を示していると糖尿病を疑われることになります。しかし、人によっては絶食時には血糖値が正常であっても、食事によって人一倍血糖値が上がりやすくなってしまっている人もいます。そのため、その指標として役立つヘモグロビンa1cにも注意することが大切です。ヘモグロビンa1cは血液中に含まれているヘモグロビンがどれだけ糖と結合しているかということを表す指標であり、前3ヶ月程度の平均的な血糖値の高さを反映しています。ヘモグロビンa1cの値にも注目して高くないことも確認すると糖尿病の心配がないということを確認することができるのです。

糖尿病治療の指標

糖尿病になってしまったり、足を踏み込んでしまったりしている人は糖尿病改善のために取り組みをしていくことになるでしょう。その際に改善の取り組みの効果があったかどうかということを判定するのに役立つのがヘモグロビンa1cの特徴です。血糖値はその日の体調によっても影響されやすいことから、定期的に絶食時に測っていても今日と昨日では大きな違いが生まれてしまうこともあります。食後の高血糖を管理できないというのも血糖値であり、こういった問題を克服できるのがヘモグロビンa1cです。平均的な値を反映するため、健康食品やサプリメントなどで血糖値対策をしてきた結果が出ているかどうかということを判定するのには最も信頼性がある指標になるのです。